捨てようと思っているものに価値がある?様々なリサイクル方法を伝授

日本製品は世界で大人気?不用品を海外へ

海外で喜ばれる品物をリサイクル

不用品になるものの中には、故障したり、汚れてしまったりしてるものも多いと思いますが、それでもそれを必要としている人もいます。
例えば、子どもの服やおもちゃなどは、月齢を追うごとにすぐサイズアウトしてしまったり、興味を持たなくなって不要になるケースが多くあります。
その他にも、使用していない紙オムツや粉ミルクなど、特に発展途上の国では、なかなか手に入れられないこともあるため、これらの品が重宝されています。
また、ぬいぐるみなどは孤児院や様々な施設へ、中古品のランドセルやカバン、筆記用具でさえも学校に通う子どもたちには喜ばれます。
日本では役目を終えたブラウン管テレビも海外では人気です。
ブラウン管テレビは、国内のリサイクルだと、ガラスやプラスチック等の資源として分別されますが、海外ではしっかりとまだ商品としてお店に並ぶくらい需要があります。

メイドインジャパン製品は海外で人気

家電や大型家具などは、新商品やデザインが古くなったりすると、ほとんど売り手がつかないことから、回収業者に依頼しても回収してくれないこともあります。
しかし、結婚や遺品整理などで、今使用している物がまだまだ使える状態であるにも関わらず、不要になってしまった時は特に、家電や大型家具ほど処分に困るものはないでしょう。
そこで、1つ覚えておいて頂きたいのは、国内では不要になり回収してもらえないものでも、1歩海外へ行くと、その品が大喜びされることがあります。
タイ、フィリピンをはじめ東南アジアの各国では特に、日本製品は質が良く、故障していても直せば使える、そもそも壊れにくいと大人気です。
日本国内にも、こうした海外への輸出ルートを持った不用品回収業者もありますので、国内で回収できないからと言って諦めず、海外へのリサイクルも視野に入れてみましょう。
自分の手元を離れても、誰かに喜んでもらえれば、嬉しいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る