捨てようと思っているものに価値がある?様々なリサイクル方法を伝授

複数の不用品処分方法から「リサイクル」に注目!

処分に困るリサイクル対象家電はどうする?

エアコンや冷蔵庫といった家電は、ほとんどの家や会社に設置されています。
今ある家電が故障した場合の代替えや引っ越しに伴う購入、遺品整理等で処分品として出ることがありますが、特定家電に指定されているエアコン、冷蔵庫、テレビ、洗濯機などを処分するためには、各自治体に問合せ、リサイクル家電法によって処分する必要があります。
対象家電に使用されている有用なパーツをリサイクルし、資源を有効化するのが目的であるため、新規購入の場合は、購入したお店が無償で引き取ってくれる場合もありますが、それ以外は処分に費用がかかることがほとんどです。
また、回収業者に依頼する選択肢もありますが、家電などは新商品が出るサイクルが早いため、すぐに型落ちになってしまい、数年前のものは売り手がつかないとのことで、回収を断られたりします。
しかし、回収業者によっては、海外輸出ルートを持っているところもあるため調べてみるとよいでしょう。

リサイクルで回収した家電の行方

家電リサイクル法の対象である特定家庭用機器(エアコン、洗濯機、テレビ、冷蔵庫)の4品は、回収された後、どのようにリサイクルされているのでしょうか?
テレビのキャビネットや各ボディ部分に使用されていたものは、種類別に分類されプラスチック原料になり、基盤に含まれている銅やアルミは、素材として再利用されます。
また、エアコンの熱交換器、洗濯槽、冷蔵庫の背面は、鉄・ステンレスとして、冷蔵庫の断熱材は、ウレタン資源としてそれぞれ再利用されています。
上記4品以外の小型家電(炊飯器、パソコン、携帯電話、カメラ、電子レンジ他)なども、有用な金属がたくさん含まれているため、小型家電リサイクル法によって、家電量販店や市町村自治体が回収し、リサイクルし、資源を有効に活用しています。
どの家電も、有効な部品から成り立っているため、故障して動かなくなっても、再度家電の部品や他の物として蘇る要素はたくさんあるようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る